生活クラブ・・・♪  あおばコモンズ aoba2016.exblog.jp

6月22日、和高スパイス生産者交流会を開催しました。
今回はじめて、お隣のわかばコモンズとの共同開催、会場は新しく出来た、市が尾デポーの三階くらしてらすで、はじめてづくしの生産者交流会となりました。


来ていただいた和高スパイスの井上さんは、スパイスに精通していてスパイス料理もたくさんレシピをお持ちです。
f0379149_12355016.jpg

まずはキーマカレー作りです。
スパイスから作る本格的なカレーです。
f0379149_12553040.jpg
クミンシードなどのスパイス、瓶詰めのニンニク、生姜にオリーブオイルを入れて火にかけます。弱火で熱して香りを出します。
次に活躍したのが、これです。
f0379149_16040808.jpg
f0379149_16043196.jpg
冷凍北海道の玉ねぎソテーです!

時間がかかる飴色まで玉ねぎを炒めるという工程が、解凍するだけでOKです。

これにトマト缶のトマトを入れて、水、ひき肉を入れて煮込みます。

そして、カレー粉、コンソメ、塩などで、味を整えます。

お気づきでしょうか?ここまでの工程で包丁を使っていません!

家で作る時は、自分の好きなスパイスを炒めて作る事が出来て、オリジナルカレーになりますね。
f0379149_16215058.jpg
ピリッとしていて大人なカレーが出来ました!

参加者のお子さんにはちょこっとカレー甘口を一緒に食べました。
f0379149_16231564.jpg

あとは、スパイス春雨サラダ、蒸し野菜と粒入りマスタードを使ったアイオリソース、スパイスとレーズンの入ったホットケーキミックスのパウンドケーキ、バニラアイスのマサラがけと、デザートにも凝ったランチとなりました。
f0379149_16273702.jpg
f0379149_16275306.jpg
f0379149_16280684.jpg
どのスパイスも安心して、使えるのがうれしいですね。

f0379149_16290348.jpg
和高スパイスの井上さん、楽しいお話しをありがとうございました。

参加していただいたみなさま、ありがとうございました。


[PR]
by aobacomonzu | 2018-06-23 12:31 | イベント報告 | Comments(0)
  
味噌作りの報告です。
  
3/13 若草台地区センター
料理室で開催しました。
エッコロ講座の講師
太刀川雅子先生に教わります。
今回、用意した材料は
大豆 6kg
米麹 16kg
塩 4.2kg
これを、20人で分けて仕込みます。
大豆の戻しは12〜15時間かかります。
f0379149_17440971.jpg
一晩浸けたら、ふっくら戻り
まん丸だったのが長細く、戻りました。
f0379149_17460115.jpg
ここから、煮ます。
煮る作業は当日では間に合わないので
運営委員とお手伝いの方にお願いして
それぞれ自宅で煮て来てもらいました。
うちは3kg分預かったので、
6回に分けて圧力鍋で煮ます。
圧がかかったら、20分加圧して
圧が抜けるまで待ちます。
みんなの家でも今頃煮てるのかな〜と
思いながら、準備しました。
そうして当日
みんなの煮た豆を集めました。
こんなにたくさん。
f0379149_17525547.jpg
さらに麹も20人分に分けておきました。
f0379149_17543762.jpg
運営委員の家の冷凍庫をお借りして
保存しています。
麹でいっぱいになってます。
f0379149_17554758.jpg
当日冷凍庫から出して
いよいよ麹の出番です。
f0379149_17572811.jpg
塩と麹をよく混ぜます。
f0379149_17593025.jpg
煮た大豆は綿棒などで潰します。
f0379149_18004495.jpg
そして、大豆と麹と塩をよくよく
混ぜます。
麹がまんべんなく行き届くように。
それを丈夫なビニールの袋(ガジェット袋)に
空気を抜きながら詰めます。
そうして手作り味噌が出来上がりました。
f0379149_18040824.jpg
今回、麹が多めで
また袋で熟成させるのは初めてなので
秋頃の出来上がりが
とても楽しみです。
ランチは味噌作りの前に
参加者の皆さんで作った
豆腐づくし料理。
  
太刀川先生は
豆腐マイスターの
認定講師でもあります。
木綿豆腐のキーマカレー
生おからのポテトサラダ風
おからボール
絹豆腐のみかんゼリー
f0379149_18073920.jpg
(当日写真を撮り忘れ
後日自宅で作った写真ですσ(^_^;))
料理に味噌作りに盛りだくさんで
とても充実した会でした。
また、熟成具合を教えてもらえたら
うれしいです。
参加してくださったみなさま
ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。


[PR]
by aobacomonzu | 2018-04-09 23:53 | イベント報告 | Comments(0)
  
ヒトハ4月号が配達されています。
先月のヒトハからもう一か月が
経ってしまいました122.png
  
この1か月間
いろいろな事がありました。
順次、アップしていきます106.png
  
まず、2/28のコモンズ大会が開催されました。
大会は無事成立して
議案もすべて可決しました。
  
当日、大会に参加していただいた組合員のみなさま
ありがとうございました。
f0379149_17102324.jpg
  
また、裏面は2/3キララ賞の贈呈式に行って来た報告です。
  
キララ賞は神奈川県の中で
30歳くらいまでの若者を対象に
活躍した方や団体に送る賞です。
  
生活クラブの組合員に限らず
大学生や自分で起業した方も
賞をもらっています。
  
今年度受賞した割田大悟さんは
我が青葉区にお住まいです。
  
割田さんが開催の
では、いろいろな企画が載っています。
  
自分のしたいことを企業などに頼らず
自分で起こす原動力はすごいなと思いました。
諦めないで夢を実現していく若者を
間近で見る事が出来て、とても頼もしく思いました。
  
そして、生活クラブは若者を応援する
こんな活動もしているんだと
うれしくなりました。
  
f0379149_17162255.png
今月もよろしくお願いいたします。
  


[PR]
by aobacomonzu | 2018-03-26 17:06 | 広報誌 ヒトハ | Comments(0)

ヒトハ3月号

  
2月も半ばを過ぎ
もうすぐ3月。
今日はめずらしく雨です。
乾燥していたので、花粉も雨と共に落ちて
少し湿って良いですね。
  
今週は配達便にヒトハが入っています。
  
2/28大会のお知らせ
もう開催まで1週間を切りました。
  
今のところ参加者の数は35人ほどです。
参加の申込はまだまだ受け付けています。
参加申込しないで、直接当日いらしても
ぜんぜんOKです。
1人でも多くのご参加をお待ちしています。
  
草取り隊と
手作り味噌教室の
イベントのお知らせもあります。
  
また防災コミュニティ・カフェの報告は
前の、このブログでも
くわしく紹介しています。
ご覧ください。
  
f0379149_13105052.jpg
  
f0379149_13110093.jpg
今月もよろしくお願いいたします。
  


  

  



[PR]
by aobacomonzu | 2018-02-22 13:35 | 広報誌 ヒトハ | Comments(0)
  
「防災コミュニティ」
チラシなとで目にした方も
いらっしゃると思います。
  
東京の地区などでは
防災コミュニティは多く作られていますが、
私たちの横浜北地区では
まだまだ浸透していません。
  
そんな中、
我が あおばコモンズに
防災コミュニティが立ち上がりました。
横浜北地区で初めての第1号です。
  
きっかけは配達便の中に
防災コミュニティのチラシを見た方
(今のリーダー)が、
ぜひ災害の時のためにコミュニティを
作りたいと問い合わせをしたことから
始まりました。
  
配達の拠点である緑センターと連絡をとりながら
リーダーご自身が、ご近所の組合員に電話をかけて、
防災コミュニティの説明を1件1件して
コミュミティに入りますという方を集めました。
  
そして、昨年の1月
榎が丘・松風台地域に
防災コミュニティが立ち上がりました。
  
  
あれから1年
大きな災害もなく無事に過ぎました。
  
今年の1/21、防災訓練として
防災コミュニティ・カフェが開催されました。
  
開催場所は松風台にある
生活クラブの消費材を材料に使った
洋風家庭料理をいただける
 美味しい紅茶専門店でもあります。
f0379149_10303384.jpg
 
榎が丘・松風台にお住いの組合員さんに
電話やチラシでお知らせしたところ
この日15人の組合員が集まりました。
  
緑センター長のお話を聞きまして
f0379149_10481289.jpg
  
ぐらん・あみさんの
こだわりの美味しい紅茶をいただきながら
自己紹介をしました。

  
初めてお会いした方同士でしたが、
実は同じマンションだった
とてもご近所だった
自治会の班が同じだった
などなど・・・
  
  
いざ地震などの災害という時、ご近所同士
確認し合って、助け合う事、
まさにこれが防災に繋がるのだなと思いました。
  
今は個人情報やプライバシーなどあり
お隣さんの事はわからないという方も多い時代です。
  
でも、一人暮らしの方や、
いざという時、ケガをして動けない、
みんなで持ち寄れば炊き出しが出来るなど
ご近所同士で助け合う事は
大事だなと、感じました。
  
そのための
防災コミュニティなのですね。
  
f0379149_10310292.jpg
地図で、お家の場所を確認し合いました。
  
  
最後にまぐろ油漬け缶を使って
ろうそく代わりになる実験をしました。
  
f0379149_10480531.jpg
用意するものは
まぐろ漬け缶・ティッシュ・ライターです。
  
f0379149_12251819.jpg
「風」2017年3月号より
  
  
危ないので外で点火しました。
(この非常用ランプはアウトドアで使用してください) 
f0379149_12284086.jpg
  
ちゃんと火が着きました。
  
火が消えた後も
中身は美味しく食べられます。
   
   
また1年後
防災コミュニティ・カフェを企画します。
  
榎が丘・松風台にお住いの方は
せひ参加されてみてはいかがでしょうか。
チラシやヒトハなどでもお知らせします。
  
それまでに大きな災害が起きないように
祈りつつ、会場を後にしました。
  

  



  





  

  


[PR]
by aobacomonzu | 2018-02-22 10:00 | イベント報告 | Comments(0)
  
2018年2月9日(金)
アートフォーラムあざみ野 生活工房で
「幼稚園準備講座」を開催しました。
  
今回は
手芸が苦手でも大丈夫、レッスンバッグ作りと
お弁当に便利な冷凍食品バイキングの
2種類のイベントを一緒に開催しました。

 
 ミシンを使うという事なので
アートフォーラムあざみ野を利用しました。
  
1人300円でこの3階の生活工房の
施設が使えます。
  
ミシンもたくさん貸出していますので、
1人1台で作業する事が出来ました。
とても充実した施設です。
(教えてくれた、わかばコモンズの
組合員さんに感謝です)
  
f0379149_12232354.jpg
  
参加者のみなさんは
思い思いの布を用意して来ました。
お子さんを託児に預けて
いよいよレッスンバッグ作りの開始です。
    
f0379149_12233979.jpg
  
先生は美術の勉強をしながら
ずっと手芸の腕を磨いてこられた方で
着物の古布で素敵なつまみ細工や
センスの良い小物を作られます。
  
ミシンで作る物や、刺繍なども得意で、
とても丁寧な指導をしてくださいます。
  
f0379149_12235408.jpg
  
お昼になり、作業の手を休めて
お子さんも一緒に冷食バイキングです。
  
f0379149_12243042.jpg
  
前回の冷食イベントとは、また違う消費材も
用意しました。
  
f0379149_12244664.jpg
お正月の定番の伊達巻は
卵焼き代わりになります。 
凍ったまま切れるので
便利ですね。
  
焼売、ごぼうコロッケ、チキンナゲット
ひとくちソースとんかつなど
電子レンジで温めて利用できるものや、
大学いも、星とハートのスイートポテトなどは
お弁当箱のすき間を埋められて
食後の甘いデザート代わりになり、人気です。
  
すべて消費材なので
毎日のお弁当にも安心・安全です。
  
参加者のみなさんには
お弁当箱を用意してもらい
お子さんと好きなものを
好きなだけ詰めてもらいました。
  
f0379149_12281533.jpg
f0379149_12284313.jpg
ふりかけも自然の素材で
小分けになっていて便利です。
  
  
午後も託児に預けて
残りの作業をしました。
  
そうして、
素敵なレッスンバッグと
上履き入れが出来上がりました!
  
f0379149_12285243.jpg
時間の都合で、
お家での仕上げの方もいらっしゃいましたが
出来上がって本当に良かったです。
  
このバッグを持って
元気に幼稚園に通う姿が目に浮かびます。
  
今回ミシン初心者の方も
スムーズに作業が出来たとの事、
丁寧に教えていただき
先生には大変感謝いたします。
  
先生、参加者のみなさま
ありがとうございました。
 
 





  

  

  





[PR]
by aobacomonzu | 2018-02-15 14:06 | イベント報告 | Comments(0)
  
皆さんは、オルタ健康ステーションをご存じでしょうか?
  
  
新横浜の生活クラブオルタナティブ館には、
様々なワーカーズの事務所があります。
f0379149_13292374.jpg


オルタ健康ステーションもその一つです。
2階にあります。
f0379149_13284555.jpg
健康ステーション内に
痛くない鍼、熱くない灸の
鍼灸治療院「漢方堂」が併設されていて、
鍼・灸の先生が常駐されています。
健康相談をしながら、実際に鍼・灸を打ってもらう事が出来ます。
f0379149_13314008.jpg
奥のリラクゼーションルームでは、
アロマケアエステ(フェイシャル・デコルテ・ボディ・ヘッド)
カイロプラクティック
カッサ
セイフ&リンパ
クレニオセイクラルセラピー
などなど
  
どれも気持ちよさそうですが、
専門の先生による施術が受けられます。
  
  
本の貸し出しも無料でしています。
漢方・アロマの本、心や体の健康、美容の本など
1500冊以上あります。
貸し出し期間は1ヶ月(雑誌は2週間)です。
f0379149_16124017.jpg
その他にも、耳つぼや足つぼの事を教えてくれたり、
耳つぼジュエリー(240〜360円)も販売しています。
ダイエットに効く耳つぼなど、今度教えてもらいたいです。


本棚の横に設置されているお茶は
オリジナルに処方されたもので、
効能も書いてあります。これも飲み放題。

ゆっくりお茶を飲みながら、漢方の本を読んで
健康について考えられる、とても良いスペースです。
  
これはぜひ利用したいですね。
  
予約など詳しくはホームページまでどうぞ。
  
  
169.png169.png169.png
  
そして、オルタ健康ステーションとあんず薬局主催の
クリスマス薬膳の教室に参加して来ました。
  
f0379149_18390400.jpg
先生はフレンチで修行して、薬膳を学び、
北京の薬膳養生料理コンテストで
最高位の「全能特別金賞」を
日本人として初受賞された 松本じゅん先生。
  
30名先着でしたが、満席で
とても人気のある講座です。
f0379149_15553284.jpg

盛り付けはフレンチと薬膳の融合ですね。
ソースは先生オリジナルのデミグラスソース。
鶏肉のミートローフは、
いろいろな薬膳のスパイスの香りと味が複雑に絡み合って、
とっても美味しかったです。
f0379149_15561938.jpg

座学(講義)も、わかりやすく、テンポよく、
楽しく、面白くお話ししてくれました。
薬膳の難しいイメージではない内容でした。
f0379149_18535101.jpg
講座が終わってからも、質問が絶えません。
1人1人、丁寧に答えてくれます。
  
そして松本先生の薬膳料理教室が
新たに4月から開講します!
  
また、あんず薬局には
たくさんの中医学や薬膳の先生方の
いろいろな講座があります。
f0379149_13350181.jpg
f0379149_13362902.jpg
f0379149_13372264.jpg
普段の料理に
薬膳を取り入れてみるのも
幅が広がりますね。
    
ご興味のある方は
ぜひ受講されてはいかがでしょうか。
  
薬膳・・・
奥が深いけど、とってもためになる講座でした。

[PR]
by aobacomonzu | 2017-12-07 13:26 | イベント報告 | Comments(0)

ヒトハ12月号

  
あおば組合員のみなさま
  
もうヒトハも12月号になりました。
もう年末です。
    
そして
クリスマス・お正月の、お得な早期カタログは
ご覧いただけましたでしょうか?
早期お正月の注文は明日金曜日の
11:30までです。
  
そういう私も、
先週の早期クリスマスの注文を
すっかり忘れてしまったのです153.png
  
119.png
119.png
119.png
   
  
 でも大丈夫110.png
  
通常のクリスマスのカタログが
来週11/30・12/1に配布されます!
お正月の通常カタログは
その翌週12/7・8に配布です。
  
これは絶対に忘れないようにしないとですね。
  
でも、忘れてしまったら・・・
  
  
  
デポーに行きましょう。
  
でもデポーには在庫がないものもあるかも
しれませんので、なるべくカタログで
注文したいですね。
  
169.png
  
さて、ヒトハ12月号ですが、
  
いよいよコモンズ大会のお知らせです。
  
前回と同様に寺家ふるさと村「四季の家」での開催の予定です。
 
「遠いと思ってたけど、来てみたらいい所だった」
「駐車場があって、便利」
等、前回の感想をいただきました。
  
寺家ふるさと村は自然に囲まれた、本当に良い所です。
  
ぜひ美味しい空気を吸いがてら
コモンズ大会にいらしてください。
  
また、エッコロプラス交流会と
クリスマス・お正月用品試食会の報告。
  
お子様連れの方は託児利用してね、と
託児ケア者になりませんか
の記事も合わせてご覧ください。
  
f0379149_23470812.jpg
  
f0379149_23471900.png
  
今月もよろしくお願いします。




[PR]
by aobacomonzu | 2017-11-24 00:18 | 広報誌 ヒトハ | Comments(0)

復興支援まつり 2017

復興支援まつり、今年も開催しました。
今年は11/11臨港パークにて

f0379149_15270981.jpg
とても気持ちの良い公園です。
f0379149_15284854.jpg
横浜北のブースは、ビールと手作りドーナツの販売です。
f0379149_15302635.jpg
最初は厚い雲に覆われていた空が、だんだん晴れて、とても良いお天気になりました。
ビールが飛ぶように売れました!!
生産者さんは数え切れないほど。
みんな顔馴染みで、仲良く挨拶しあってます。
f0379149_15352303.jpg

f0379149_15372923.jpg
f0379149_15382773.jpg
f0379149_15395262.jpg
今年は、カレーをいただきました。
キーマカレーと、チーズを焼いてトルティーヤで挟んだもの。
f0379149_15425927.jpg
f0379149_15435683.jpg
飲み物は、湘南のレモネードです。
f0379149_15454049.jpg
ビールが早いうちに売り切れてしまったので、ふらふら見物してました。
獅子舞が練り歩いてます。
f0379149_15480265.jpg
f0379149_15552464.jpg
獅子に頭を噛んでもらうと、邪気を食べてくれるとか…。
私の頭も獅子舞の口でカパッと噛んでもらいました。
その時、中のおじさんと目が合ってしまい、ニコッと微笑みあってしまいました。
f0379149_15535290.jpg
来年も、ぜひこの復興支援まつりで、邪気を払いたいです。
今年のゲットしたものたちです。
f0379149_15583376.jpg
f0379149_15585835.jpg
f0379149_15594051.jpg
f0379149_16000750.jpg
このビーフジャーキーは、ホクレンの牛肉を使用していますが、生活クラブでは扱ってないのです。
北海道の空港で売ってるそうです。
ジューシーで柔らかくて、すっごく美味しい。
昨年は売り切れて、買えなかったので、今年はすぐに買いに行きました。
いろいろ安いので、つい買いすぎて、帰りの荷物が大変な事に105.png
今年も売り上げ金の一部を東北の復興のために寄付します。
まだまだ支援は必要です。
来年も行かれるといいな。



[PR]
by aobacomonzu | 2017-11-23 15:24 | イベント報告 | Comments(0)
  
クリスマス・お正月用品試食会の勉強会に行って来ました。
  
今回は「エビ」と「かまぼこ・伊達巻」の
生産者さんがいらして、いろいろ詳しく
説明していただきました。
  
169.png
  
まず「エビ」についてです。

エビには天然エビと養殖エビがあります。
  
そして養殖エビの養殖方法には、
「粗放型」「集約型」があります。
  
生活クラブでは、ベトナムとインドネシアで
養殖エビブラックタイガー
粗放型で育てています。
それを「エコシュリンプ」として
取り扱っています。
  
f0379149_13512116.jpg
 

 
f0379149_14555384.jpg

エコシュリンプの魅力を熱く語ってくださった
㈱オルタ―・トレード・ジャパンの
若井 俊宏氏
  
粗放型の養殖とは、
使い捨ての養殖場ではなく、
その土地で、代々受け継がれる
自然に沿った養殖場の事です。
  
f0379149_14434605.jpg
 
粗放型の養殖場と生活クラブの出会いは
1992年、ジャワ島のアムナン氏との出会いから
はじまりました。
  
アムナン氏は
「土地は先祖からの預かり物、
次の世代に引き継がれなければいけない」
という考えのもと、
300年前から受け継がれてきた
粗放型の養殖池を管理してきました。
  
  
174.png
  

  今、養殖の多くは問題を抱えている現状にあります。
  
それは集約型の養殖に多くあります。
  
f0379149_14091750.jpg
  
f0379149_14092821.jpg
  集約型は、コンクリート製の池が多く、
寿命は10年程度と言われ、
転用も出来ず、養殖池の増設が必要となり、
沿岸部のマングローブ伐採が問題視されています。
  
また、排水による水質汚染などで
周辺環境への負担が大きいです。
  
養殖池の面積は概して狭く(1ヘクタール以下程度)、
高い養殖密度で育成(100~数百尾/㎡程度)されます。
  
密飼いのため人工飼料の給餌が必須になり、
抗生物質の使用も一般的です。
 
174.png
  
対して、粗放型の養殖池は、
手入れ(保全作業=草刈りや池干し等)を
行なう事で、持続的な養殖が可能となります。
  
f0379149_14081481.jpg
養殖池の面積は概して広く(1~十数ヘクタール)、
養殖密度が低い(3尾/㎡程度)です。
  
f0379149_14434605.jpg
  
エサは池に生息する水草や生き物(プランクトン)。
特に、エサをあげたり、投薬することはありません。
  
f0379149_14441612.jpg
こうして、広い池を自由に泳いで
放し飼い状態で育つので
筋肉質な歯ごたえのあるエビが育ちます。
  
174.png
  
  市販品の養殖エビの多くは、誰がどのように獲ったものかを
知る事は極めて困難です。
  
f0379149_18025942.jpg
生活クラブ連合会 水産加工食品課
須藤 一彦氏
  生活クラブと市販のエビの違いを
お話してくれました。
  

市販の多くは、収穫したエビをブロック凍結したものを
輸入し、国内で一度解凍、製品にして、再凍結を
行なう場合が多いそうです。
2回(もしくは数回)凍結となり、品質が劣化しやすいです。
  
174.png
  
生活クラブでは、産地1回バラ凍結のみで製品化し、輸入。
国内での加工(リパックなど)は行いません。
解棟時の水分の流出が少なく、
エビ本来のうま味や食感を損ないません。
  
f0379149_14552244.jpg
現地では、生産者と養殖基準について
書面の取り交わしによる確認、
その内容を監査するために、
監査員や現地駐在員が生産者を訪問しています。
  
仲買人を経由する場合は、
仲買人とも原料の基準等について
書面を取り交わし、
原料のトレースや品質管理を
徹底しています。
  
そして、原料集荷日ごとに
出荷した生産者の一覧がわかるように
なっています。


  
174.png
  
養殖方法・冷凍方法にたくさんこだわりの
つまった、美味しいエコシュリンプです。
  
おすすめの食べ方は
   
エビは高たんぱく、低脂質。

穀類(ごはん・パン・うどんなど)とエビを一緒に食べると、
穀物に不足しがちなアミノ酸の、リジンや
トリプトファンを補ってくれます。
  
また、エビには抗酸化作用を持つビタミンEが含まれます。
このビタミンEに、ビタミンCとビタミンAを含んだ食材を
組み合わせると、抗酸化力がアップします。
  
ビタミンCを多く含む食品
赤ピーマン・ブロッコリー・菜の花・レモン・カリフラワー
青ピーマン・ゴーヤ・甘ガキ・キウイ・さやえんどう
  
ビタミンAを多く含む食品
鶏レバー・豚レバー・春菊・ホタルいか・モロヘイヤ
にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・大根の葉・ニラ
  
などの食品と一緒に食べると良いそうです。
  
f0379149_14512573.jpg
f0379149_18333279.jpg
 
f0379149_18332648.jpg
f0379149_18331991.jpg
その他、使いやすい「むき身」など
たくさん種類もあります。
  
クリスマス・お正月は
美味しくて、安心安全なエコシュリンプを
ぜひおすすめします。


  




[PR]
by aobacomonzu | 2017-11-22 18:54 | 生産者交流会 | Comments(0)